ARCHIVES
TAGS
サーモスタット
M0021352.jpg
ファンカバーの中にクーリングの具合をコントロールしてるフラップが備わっているのですが、その多くの車両は取り外されてしまってるようです。考えられる理由としてはサーモスタットの不良だと思いますがストックのエンジンの場合に限りきっちり装着してあげたいアイテムです。
サーモスタットがきっちり機能してるエンジンとそうでないエンジンで乗られて来た場合の状態の差も歴然です。
特に寒い時期のエンジンの始動時に効果を発揮すると思いますが、冷えてるエンジンを最初から冷却してしまわないようにクーリングをコントロールする役割がサーモスタットです。
特にシリンダーピストンの痛み具合に違いが表れるかと思いますが、寿命で表すと30%以上も違うと言われています。極端ですが10万キロで駄目になるか?13万キロ以上かの違いです。
きっちり機能してるサーモスタットは微笑ましいですね♪

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Let's LET'S PLAY VWs vol,41 | 日本の夏♪ >>