ARCHIVES
TAGS
アドレナリン その2
IMG_3793.jpg
昨日の続きです。
ちょっと引きで撮影した作業風景。
慣れないリフトに工場、何処に何があるか分からない工具類。
工場の約半分を'66ちゃんの作業で使わせてもらってるのですが、そのギリギリに迫った所までを明日の準備に追われるスタッフが洗剤と水を撒いて機械でブラッシング中♪
ブレーキは予想した通り全滅の気配、残された時間は数時間。

でも、日本にいる時も数々のアドレナリン放出の場面を経験してるので、何だか逆にスイッチが入って、この緊張感のある状態を楽しんだ。ドMだな...
絶体絶命の状態にここベルギーで、まさに今立たされている!さすがに慣れない異国の地でこの状態は日本と違ってドッキドキだけど、、、ボブさんのランチにパンはいかが?の問いに、イエスとか答えつつトッピングを真剣に悩む俺がいた。いいね♪

IMG_3795.jpg
こうなる事はある程度把握していたので、日本で事前にすぐ組み付けが可能なように下準備したマスターシリンダーにホイールシリンダーを持ち込ん田のが本当に大正解だった。
しかし、今回はいつもの用に作業するのではなく、一般的な交換作業の内容で作業を進めました。
例えばブレーキパイプのキットに入ってるパイプの長さを改善して組付けたりしてる所も、問題はないので長さはそのままに組付けたりした。
一応、時間的に再利用を考えていたブレーキパイプも気持ち的には全交換でしたので、ゆとりがない状況に置かれていたのですが全て引き直す事にした。
ブレーキシュー自体はまだ何万キロか走れるくらいは残っていたのですが、シューがポロリと剥がれてしまうような状態にないか?糊の感じで判断。
無難な選択肢なのは交換だが自分的には大丈夫と判断。
自分を試す為にも備わっていたものにペーパーを当てて再使用する事にした。

IMG_3802.jpg

IMG_3799.jpg
'66ちゃんを作業してるエリアを除き、明日のオープンハウスの準備が終了した工場の雰囲気伝わりますか?プレッシャーを感じる状況です。
でも、路上で立ち往生してしまう状況はなしですので、そうならないよう手は入れさせて頂きます。まだ作業を終えていない状態でしたが時刻は19:00を過ぎ、閉店の準備も始まりました。
ボブさんにディーナーを皆で食べましょう♪と誘って頂いたのですが、'66ちゃんにフォーカスしてもいいですか?と聞いて作業を続行しました。
結局、食べる間もなかったランチのパンを夕食にし作業を続行。
やっぱりヨーロッパですね。パンがホント美味い。

IMG_3805.jpg
時計の針が22:00を回った位で気が付いたのですが、誰もお店にいません。
でもエンジンルームと電気関係を除いて、ほぼ手を入れとくべき箇所の作業を終える事が出来ました。
この時、足や指がすぐにつってしまうような状態になってました。
途中、ブレーカーが落ちてしまい電気も付かない状態になってしまいましたが、懐中電灯で出来る限りの作業を続けました。とにかく明日は出来ないってのが、この時点で理解出来ていたので。ヨーロッパの涼しい気候と、サマータイムならでは空の明るさに助けられました。
時計の針が23:00を過ぎ、この後の予定を心配し始めた頃、このままここで寝袋かなと思っていたらお食事から皆さんが戻ってきました。
本当にホッとした瞬間でした。
アメリカからいらしてたトムさんと奥さんが、同じホテルに泊まってるとの事でホテルまで送って頂ける事になりました。

こうしてまだ着地はしていないですが、ある程度の所まで作業を終える事が出来、ヨーロッパの長くてキツい初日を終える事が出来ました。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<切り替わり | アドレナリン その1 >>