ARCHIVES
TAGS
Think about essence part4
37.jpg
昨日の続きです。
プロトタイプストーリーで紹介したVシリーズの話しに戻ります。一番最初にポルシェ博士が一番最初に製作したのがV1。2台目はV1の紺鉢モデルとしてV2。V1とV2の改良型がV3になります。
V3は計3台製作されますが、一番最初に製作されたモデルが復元され、VWミュージアムで展示しています。V3の2台目にあたるモデルではリアフェンダーにテールライトが備わります。
そしてV3の3台目では、フロントフードに備わっていたヘッドライトが、フェンダーに備わる事になり、馴染みのある姿になります。

v30 30.jpg
この翌年の1937年に登場するのが、V1,V2,V3の改良型として、VW30が30台限定で生産されます。とは言え、追加生産によって合計60台になりますので、VW60でもいいのかと。

img_story_01_05.jpg
1936年のVシリーズはロイターが製造、1937年にはロイターに変わってダイムラーがVW30を製造しました。しかし、1938年のVW38の3台のプロトタイプでは、再びロイターに戻ります。確かな理由は調べても分からないのですが、VシリーズとVW30が写った写真から自分なりの答えは出せます。左に移るのがダイムラーのVW30、右側に写るのがV3 3/3。
そしてポルシェがポルシェを製造する時にはロイターでした。
何を求めて、何が良いとされていたのか?この時から78年が経過した今日のVWシーンに目を向けるとこれまた面白くなって来ます。

続く。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<昨夜 | Think about essence part3 >>