ARCHIVES
TAGS
総パテ
IMG_2808.jpg
カテゴリーのBody Workの続き。
前回、まだらにサフェが入れられているボディーを紹介しました。
部分的に錆で穴が空いてしまいそうな所の修復、錆が発生してる箇所をブラスト処理、クラックが入ってる箇所等を修復してる途中経過の状態です。
それらの作業を終えた各部(ドア、フロントフード、フェンダー)の塗装する面は全て剥離して再度鉄の状態を確認しながら進行してます。

IMG_2811.jpg

IMG_2820.jpg IMG_2825.jpg
実際に足を運んでる際に進められていた作業ですが、剥離した面の全てにパテを塗り込んでいました。これが総パテと言われる作業でした。ドアの折り返し部分にもパテが塗られてます。

IMG_2817.jpg IMG_2829.jpg

IMG_2828.jpg
剥離した面をパテでコーティングするかのように進んでいきます。
鉄とにらめっこしながら本当に地道な作業は進行していきます。

IMG_2816.jpg
最終段階の画像はありませんが、新たにリペイントする箇所の全てを剥離し、しっかりと下地処理を終えた後の姿は表面的に見える箇所にのみ全てパテが塗られた状態です!(フードやフェンダーの裏、ウィンドウシールラバーが備わる箇所等にパテは塗られていません)この後、これまでの作業の中で最も大変な作業に入ります。
それは全国に100人いないとされてる「面出し」です。

初めて空冷ワーゲンを仕上げるとあって、こちらも程度の良い車両を持ち込みました。当初面出しの作業は予定していませんでしたが、実際にワーゲンに触れる事でテンションが上がったためか面出しの作業に入られました。いいものをうちは望んでいたので¥の事は考えず進めて貰いました。何かを目指すと¥の事が頭から消えてしまい、後で苦しむ事になりますが、自分の場合はそうしないといろいろと見えてこないんです。
面出しといってもいろいろありますが、今回は部分面出しを行いました。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<364日目 | アドレナリン♪ >>