ARCHIVES
TAGS
ヨーロッパどうでしょう な皆さん♪
DSC_0609.jpg
先日、あの坊主君から石川県の魅力たっぷりな贈り物が皆さん宛に届きました。遊びに来た時に渡すんで覚えておいて下さいな。
それとゆとりが出来たら皆で寿司でも食べに石川に行きましょう。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
アムステルダムからアントワープへ
IMG_3772.jpg IMG_3776.jpg
オランダの街が眼下に見えてきた時は、この後ビートルで同じように走るんだろうなって思って気持ちが引き締まった。

ヨーロッパに滞在中の期間を不動車だった'66ビートルを動かせるようにして過ごす、という課題を達成するにあたって考えてみた。
確か6月19日の早朝5時から6時位の間にオランダのアムステルダムに飛行機が到着予定だった、アムステルダムからは電車に乗って2時間程のベルギーはアントワープを目指し、アントワープセントラルステーションまで迎えに来てもらう予定。とにかく朝の9時には'66ちゃんと御対面して作業に取り掛からないと間に合わなそうだなと。

実際にはコンボイまで2日間あるのですが、6月20日の木曜日はBBTの25周年&移転後初となるオープンハウスが開かれる事を知っていたので、木曜日は午前中が作業可能の限界かなと判断。そうなると6月19日の水曜日しかチャンスはないのでとても重要な一日になります。ってか一日で動かさないといけないって厳しくないか?って今更ながら思った。

DSC_0003.jpg DSC_0004.jpg

DSC_0020.jpg
アントワープセントラルステーションに到着しホームに立った瞬間驚いた!地下4階建ての吹き抜け具合はとても不思議で素敵な空間。ヨーロッパで最も美し称号をもらった駅だけあります。
それだけすごい駅でした。荷物があったので撮影出来ず、、、

そんな初日、飛行機は遅れ、オランダに到着と思いきやイミグレーションで足止めをくらい(自分が悪い)、アントワープ行きの電車がいいタイミングでなく、乗り継ぎで少々時間を費やす。なんとかアントワープセントラルステーションへ到着!渋滞でお迎えも遅れてしまい、なんだかんだで実際にBBTで'66ちゃんと御対面したのは午後13時半を回った所でした、、、焦


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
Get
DSC_0002.jpg DSC_0001.jpg

DSC_0004.jpg DSC_0006.jpg
ワーゲンに乗り出す前にドイツ入りし、そこでスタンダードのミラーを探し帰国。そして今日、Getしたスタンダードのルームミラーに交換。
見てて思ったのは、こんな感じで空冷ワーゲンの世界に踏み込む人って中々どころか相当いないだろうなって♪
なんか喜ばしいなって思った。
クラシシェス・イヤーに相応しい一コマでした。

固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ニードルベアリング
IMG_3844.jpg
グランドナットの中にあるニードルベアリングがばらけてる。
こんな風になってしまう事もあるんですね。
初めて見ました。

こうなる前に出てた症状が特徴的なのですが、これはグランドナットのニードルベアリングっぽいななんて思いつきもしない感じでした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
帰国後
IMG_3748.jpg
半月程前に帰国後に帰国後にと言ってずらしてもらい渡欧したのですが、帰国後の今はそれをこなしていかないといけません。
少し帰国後にと言い過ぎたのかもしれません。hahaha!

で、今回も格安チケットにて往復となったのですが、中国南方航空とか言う聞き慣れない航空会社を利用する事になりました。お値段もこれまでにない安さ!安いチケットなんで乗り継ぎは必須ですが、個人的にはまったく苦ではなく、むしろ楽しみが1つ増える感じで好きです。
行きは北京で乗り継ぎ帰りは広州で乗り継ぎってな内容。
北京の空港は2回目となりますが、やっぱりデカイ!
成田空港がハブ空港として機能するかとの問題に規模や設備は関係ないと言われてるものの、やはりアジアの他の空港を見てしまうと「う〜ん」と思ってしまう。

nirgo42.jpg
今回の乗り継ぎでは一度空港の外に出る事になったので、北京の空気を吸う事になりました。で、特に印象的だったのがお迎えに来てる車です。
これでもかと言わんばかりの高級車ばっかりだったんですけど、どういう事なんでしょうか?って写真に収めてないじゃん。

次はいよいよアムステルダムへと思っていたのですが、これでもかって位の遅れ。。。
現地時間で深夜2時位まで待つ事に、、、

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する