ARCHIVES
TAGS
ジャンボリー
IMG_0285.jpg IMG_0288.jpg

IMG_0294.jpg
やっぱりイベントは最高に楽しいですね。
STREET VWsが発売されれば詳細が紹介されますが、やっぱ行かないと分からないですね♪
ブースに足を運んで頂いた皆さんありがとうございました。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
いよいよ明日は、
jamboree6.jpg
ジャンボリーです。
詳細はこちら:STREET VWs
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
シートパディング 交換
IMG_0234.jpg IMG_0235.jpg

IMG_0240.jpg
年式やグレードによって異なる様々の内装が設定されていました。
国内ではよく目にするカラーのイエローストーンですが、同様に仕上げたいとなると市販されてるシートカバーがなく難しいため、純正のシートカバーのみ再使用し、長年の使用で疲れ切ったシートをリフレッシュする事にしました。
再使用する事を意識して丁寧に取り外しフレーム等のコンディションを確認します。問題が無いようでしたら綺麗に掃除して再度組付けます。

IMG_0249.jpg

IMG_0243.jpg
うちでは一年に一度ない仕事ですが、やはりスポンジで組付けるのでなく、本来組み込まれているパディングを用いて組付けるのが好みですし、素敵に思えるのでパディングにてリフレッシュしてみました!バックレストのパディングが入荷待ちのためボトムのみですが、自分でも納得出来る状態になりました!
リアシートのボトムとバックレストも同様にシートカバーを再使用しパディングを組み込んでリフレッシュしています。

IMG_0252.jpg
やはり?運転席側のボトムのリフレッシュはスムーズにいかず、パディングは手元にあるのですがリフレッシュ作戦決行していません。
使用頻度が高い運転席の為シートカバーも切れたりしているのですがそれ以上に気になるのが中に組み込まれてるスプリングです。パディング同様にとても重要な部分ですが一カ所だけ折れてしまっていました。
`73から`75までが共通と思われるのですが、絶対持ってそうなので探したのですが意外や意外でいい状態の物がありませんでしたので別で探し助手席側の物を用意しました。
また、シートカバーが組付けるうえで重要なフレームに備わる爪も折れてしまったので手直しが必要ですが、その手直しのタイミングに合わせてと思う事もあり作戦をねりねり中です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
Are you ready?
IMG_0261.jpg
いよいよ今週末はジャンボリーですね♪
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
EARLY BUSのベントウイングASSY交換 2/2
IMG_5391.jpg
結果を大きく左右させる事になるベントウイングシールの装着を終えた後は初の試みであるWW製のベントウイングASSYを組み込みます。

IMG_5398.jpg
組み込んでみた感想はとってもいいです。
アッセンブリーの価格も安く真似出来ない代物です。
お店の周辺を試運転してベントウイングの締め付け具合を確認。走行風に負けずベントウイングとしての機能を果たしてくたら無事に作業終了です。

IMG_5402.jpg IMG_5404.jpg
いい感じでシールの組付けが行えたのでベントウイングシールに対してしっかりフレームが密着しました。本来あるべきこの状態のEARLY BUSって以外と少ない気がします。

IMG_5607.jpg
初めてのベントウイングシール交換でしたので、どんな物だかって事もあり、1週間程ベントウイングを閉めた状態で乗ってもらいました。結果も良好との事でしたのでフレームとガラスの間をシールして作業終了となりました。

<今回の作業内容>
WW製ベントウイングASSY 交換 ¥12,500-
ベントウイングシール 交換 ¥3,800-
ベントウイングフラップシール 交換 ¥1,000-
交換作業工賃 ¥12,500-
合計請求金額¥29,800-でした。

メンテナンスページでアップと思ってるネタが中々まとめられず?パソコンをいじれず?アップ出来ていませんが、EARLY BUSにお乗りの方にはとってもおすすめの作業です!
またボディー色に合わせて色を塗る事も可能ですし、実際に取り掛かってみないと具体的な費用がお伝え出来ませんが備わってるガラスとフレームを使用しての交換も承ります。
ピューピューバスとはおさらば其の壱でした♪
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する