ARCHIVES
TAGS
火が入った!
IMG_2547.jpg IMG_0255.jpg
6,7年放置されていたエンジンですが、
無事に火が入り問題もなさそうです。
よってキッチリ搭載出来るように準備を進めます。

IMG_2459.jpg
おつぎはこちらに火を入れて確認します。
問題がなければ換装する準備を進めます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
Erectricalな一週間。
IMG_2443.jpg IMG_2445.jpg
ボルテージレギュレーターの不良で過充電(18V)を起こしてました。新しめのオルタネーターでしたので、最近頻繁に発生してるレギュレーター不良によるトラブルに当たった感じです。
ここ数年で何件か同様のケースに見舞われましたが、その都度、レギュレーター不良の少ないロットのオルタネーター等で対応してきました。
で、今回は問題のない中古のレギュレーターを組み込み対応する事に。

IMG_2488.jpg
フューエルポンプのトラブル、、、備わっていたのはミツバの電磁ポンプ。
悪い印象もないポンプですが、動かなくなってしまう事が多々。。。
入庫期間中は症状も発生せず原因を探る事が出来ませんでしたが、ポンプ単体で確認するに問題もなさそうですので取付方法と配線を一度見直して納車する事にしました。

IMG_2475.jpg
最後はポイントをレスしてポイントレスキットを組み込みました。
毎度のお決まりですが、内部を確認して綺麗にして注油して面を出してポイントレスキットを組み込んで調整→終了。これでポイントレスキットに問題のない限り出先で止まる事もないでしょう!


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
フューエルライン
IMG_1316.jpg
ガソリン臭い原因が分かりました。
原因はトンネルの中のフューエルライン。

Heavyです。
未来ではそんなに物が重いのか?
重力に変化がおきてるのか?とドクに言われちゃい…

IMG_2463.jpg IMG_2465.jpg
新たに引き直しとも思いましたが、可能ならばトンネルの中でとの要望もあり、本来の状態に近い状態での修理を試みる事にします。試みた結果、駄目そうならば新たに作戦会議の予定です。
では、この駄目そうならばの判断基準ですが、自分目線で大きくトンネルに穴を開けないと直せないようでしたら駄目と判断する予定です。燃料ラインが新設されてるよりも格好悪いと思うからに加えて手間=コストの問題です。それ以外では何度試みても上手く修復出来ない、引火の危険性を感じる場合といった点です。
これらの不安要素を考慮したうえで修理に取り掛かるのですが考慮したからこそ、今はトンネル内の状態待ちです。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
びょ〜いん。
IMG_2453.jpg
今日は奴らと病院に行って来ました。
いつもは4月に行くのですが、7月になってしまいました。汗
そういえば自分は病院に良くも悪くも全然行ってないなぁ…
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
油圧
IMG_2078.jpg

IMG_2083.jpg IMG_2084.jpg
アイドリング時にこれでもかと油圧ランプが点灯。
エンジン内部のクリアランス等の問題としてしまう前にオイルプレッシャーS/Wに始まりエンジンオイル、リリーフバルブやオイルポンプに原因がないか疑ってみる事にした。
結果リリーフバルブスプリングとオイルポンプに原因がありでした。
でも、解決出来ました!ふ〜。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する