ARCHIVES
TAGS
スラストシャフト交換 ('61-'70を’71-へ) 1/2
IMG_5346.jpg
スラストベアリングを支持するシャフトが欠損。
このトラブルの原因の多くはスラストシャフトのベアリング支持部分とベアリングの摩耗によるものが多いのかと考えています。

IMG_5347.jpg IMG_5356.jpg
エンジンをおろして確認してみると欠損した部分がベルハウジング内に飛散していたり、プレッシャープレートのリングに変摩耗も生じていました。このトラブルのお約束ですね。
この時点でプレッシャープレートを取り外しクラッチディスクとともに確認。
クラッチディスクも新品に近い状態にあり、プレッシャープレートもリングを除いては問題無しと判断。よってプレッシャープレートのリングを取り外す事でクラッチディスク&プレッシャープレートは'71-として使用可能になり、スラストベアリングとシャフトに的をしぼります。
(-'70までと'71-のプレッシャープレートの違いは損傷してしまったリングの有無しかありませんのでリングを外す事で'71-のモデルに使用出来ます)

IMG_5355.jpg IMG_5356.jpg
このトラブルは-'70までのモデルにのみ限ってのトラブル!と言い切れてしまうのでは?と言える程に考えています。その理由はスラストベアリングシャフトのベアリング支持部分を見れば一目瞭然です。
<左側の画像> -'70 <右側の画像> ’71-
-’70までのスラストベアリング支持部分は通常の状態よりも摩耗しているため間もなく欠落してしまいそうな状態にありますが、正常な状態にあっても-'70まではシャフトでベアリングを出来るだけ支持する必要があるため支持部分が彫り深く作られてるかと思います。
さらに固定に必要なクリップの溝が裏側から施されると、やはり以降の物とは肉厚が比べ物にならない程減少してしまいます。今もあるのか?分かりませんがこれを改善するためクリップが備わる溝を穴にし、裏側に十分な肉厚を持たせたシャフトもあったと思います。

つづく。

stllorers100.jpg
個人的な意見です。
基本的に-'70までのアーリータイプのメカニズムでもうちではまったく問題なく考えています。グリースを塗布するにあったっての種類も確かにですが、それ以上にスラストシャフトのバリを落とし一手間加え、装着するベアリングとシャフトの状態を確認してあげる事がとっても重要ではないかいう考えです。こうする事で大幅に摩耗を防ぐ事が可能になります。
ただし、条件があります。
その判断基準は様々ですので実際に見てみないとなんとも言えないのですが、それを言っては面白くないので分かりやすい判断材料の1つを例としてあげると、車両のスペックが本来あった状態のままにあるか、それに近い状態にあるか?等を基準に考えます。
言葉で伝え切れなくなってくるので省略しますが、クラッチディスクも判断材料の1つとして考えています。
メーカーの違いではなくリジットかそうでないか?
シャフトの問題ですが、それだけ考えてクリアとはいかないもんですね♪

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
CRAZY WHEELS
IMG_5702.jpg

IMG_5707.jpg
実はバギー好きな自分。
ミニカーもバギー好き。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
クラッチ不良
IMG_5343.jpg
走行中に突然クラッチの切れが悪くなったと言う事で入庫。
クラッチの切れが甘い状態のままで乗られていた訳でないのは、オイル交換等定期的な入庫で分かっていたので調整して問題解決!ではなさそう。
クラッチケーブルを確認してみる事にしたのですが、うちで交換した形跡ありだった!
分解してみた所、ケーブルに問題なし。ペダルやレバーの摩耗等も問題なし。
しいて上げればペダル側でケーブルを指示するクレバスピンのピンのかしめが取れかかっていた、これにより若干ケーブルの調整が甘くなり切れなくなったのかなと判断しました。

組付けて確認後、サービスでオーナー宅まで納車する事にしたのですが、一時間ちょっと走った位でクラッチペダルを踏むと10回に1回あるかないか位の確率でカタって音が聞こえ始めました。
状況を説明したところ、その音は以前からもたまにあったとの事、クラッチ自体への問題も考えられましたが、このまま様子を見て頂く事にしました。
ところが後日、再度クラッチが切れなくなり入庫。
状況を確認し原因を特定するためエンジンをおろしたところスラストベアリングを支持してるレバーが折れてしまっていました。

エンジンをおろして確認すべきだったのか?とも思ってしまいますが、コストをおさえる必要があったので納車しました。
そう判断した理由の1つとしては個人的に決してこのようなトラブルに見舞われる事は手遅れな事になるとあまり思っていないからです。
勿論100%ではないですが、修理内容や費用にそう違いが出るわけでもないので、懸念される問題を未然に確認して解決しておきたい場合を除いては、翌日なのか?1年後なのか?断定出来ませんが、駄目になるまで貯金してもらいながら乗り続けてもらうのも選択肢の1つと考えてるからです。
ただし駄目になってしまったら走らなくなってしまうので、タイミングや場所によってはとっても嫌な思いをしてしまう事になります。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
GROOVER
IMG_3906.jpg

IMG_5677.jpg

IMG_5682.jpg
昨年GROOVERの撮影に何もしてないですが協力させて頂きました。
ご紹介遅れましたが、撮影した際の写真がサプライズでうちに届きました。
どれも素敵でホントに嬉しく思います。
昨年から写真もいろいろと増えて来たので時間を作って素敵なフレームを探そうと思います!今年も増える予定だし♪

ニッポンのメガネはまだまだ盛り上がる!
そううたわれるGROOVER♪
まさに!って思う。

ニッポンの空冷ワーゲンはまだまだ盛り上がる!
そううたわれる、、、♪
がんばろっ。

CHECK!:GROOVER

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
スピンドル
IMG_5672.jpg
アウターベアリングが備わる所のスピンドルがガチガチの傷だらけでしたのでアウターベアリングを確認してみる事にしました。が、問題なし。
どうやら過去に何かがあった痕跡のようです。

IMG_5676.jpg
スピンドルが痩せてしまう事を懸念してか?ガチガチのままの状態。
せっかく交換したベアリングも装着時や脱着時に噛んでしまうほどでは、問題ありと思いますので、ガチガチをならしました。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する