ARCHIVES
TAGS
今日も?ブロックオフプレート
IMG_1867.jpg
純正のキャブレターからアフターマーケットのキャブレターに変更された際、そのままにされてしまっていたのが温かい空気(ワーゲン界ではホットエアーと呼んでいる....そのままですが、)をキャブレターが吸えるように設けられた部分。
TYPE4エンジンはただでさえ冷えにくいように思えるので、このような状態を極力改善したいと考えてます。

IMG_1819.jpg

IMG_1823.jpg IMG_1824.jpg
エンジンカバー類の一つの名称で言うところのベルハウジングチンにも固定されていないので、エンジンが始動中はビビリも(まぁ〜聞こえないのですが)発生してる状態。
気にならん方は気にならん事ですが、気になる方は僕自身。
そしてオーナーさんも!
って事でまずは取り外して観察してみました。

IMG_1876.jpg
ひょっとこ風な変な形のプレートになりました。
ベルハウジングチンが備わってると、分かりにくいのですがホットエアー用のカバーに合わせて作ってみました。厚さも歪まない程度に厚くしました。

IMG_1877.jpg IMG_1896.jpg
そして装着♪
形を合わせて厚めにしたのはベルハウジングチンを挟んで固定する際にしっかり密着してキチッと装着したかったからなんですが、上手く出来ました。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ビートル風?ブロックオフプレート
IMG_1828.jpg
現在、お預かり中のTYPE4エンジン搭載のバスのフューエルポンプから相当量のガソリンが漏れていたため作戦会議となりました。個人的にアフターマーケットのオーバーホールキットが好みでないため、N.O.Sを探すか?程度の良い物を探したうえでうっすらシール剤を塗って組付けるか?段階を踏んだ感じでアプローチしていこうかと考えていましたが、オーナーさんからミツバのポンプといった提案を頂いたので、メリット、デメリットなど含め話し合った結果、電磁ポンプを装着する事になりました。

IMG_1895.jpg
電磁ポンプ装着は非常に久しぶりの作業内容です!
そして今回、初めて取り外す事になったTYPE4エンジンに備わるフューエルポンプちゃん。画像でしか知らなかったフューエルポンプフランジの形の違いを実際に見る事が出来ました♪
今後、従来の状態に戻す事を視野にいれてもビートル風のブロックオフプレート装着が最善かと思いましたので可愛く?製作しました。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
beautiful sunset
IMG_1851.jpg
相変わらずに素敵♪
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
OIL EATER
IMG_1794.jpg
普段は見えない所ですが、そんな所こそお掃除してあげると見違えります。

IMG_1798.jpg IMG_1799.jpg

IMG_1804.jpg IMG_1816.jpg
ある程度の状態にしておけば、簡単な内容の掃除で維持する事も容易になりますので、たまには目に見えない裏側も綺麗にしてみてはいかがでしょう?
やりだすとエンドレスになってしまいますので、中途半端な状態ですが、一度切り上げて本題の作業に取り掛からせて頂きます。(つい眺めてたら、やるべき事やらずに掃除を始めてしまいました。)
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
お知らせ
M0015106_2.jpg
本日、16日(土曜日)の午前中はお店を空けます。
お昼過ぎには戻ります。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する