ARCHIVES
TAGS
KAMAX
IMG_5011.jpg
Type1ビートルのフェンダーを装着するボルトをVWsのすーさんから入手しました。取り外した物を再メッキと思いつつ時は流れに流れ、、、いろいろ部品をやりとりする機会にお願いしちゃいました。

IMG_5012.jpg
同様にフェンダーを装着する際に必要な外形の大きいNOSの8mmウェ〜ブワッシャーもGETしました。中古と違って未使用のウェ〜ブワッシャーはとってもいいです!



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
素敵な夜

NCM_0041.JPG
過ごしてます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
外出します。
明日、11日の日曜日は午前中のみの営業になります。
午後からは外個人の方々と合流し外出の予定です!

IMG_4734.jpg
先生のストリートエンジン12.2secをお借りして58に搭載を計画中。
ちなみにT/Mは同じギア比ですので、ボディーが軽い分…
そんなに甘くないかな??
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ボディー
IMG_2774.jpg
ちょっとご紹介するのに間が空いてしまった鈑金塗装に出したビートルですが、すでに仕上がって戻ってきています♪タイムリーな内容でないですが、実際に足を運んで進行中の状態を確認しに訪れた際の様子をご紹介です。
外側のみ総剥離して同色でリペイントとお願いしました。
表面的には分からなくても、実際に錆が発生してる箇所を探し、錆を完全に取り除いている所です。まだらにサフェが入ってる所が錆が進行してた箇所ですが、ほとんど全てといった印象です。とっても程度のいい状態のビートルと思ってましたのでびっくりしました!

IMG_2773.jpg
実際にこのように作業が進行しています。塗り上がった後で差が出るのはこういった地味で手間の掛かる作業なんでしょうね。

個人的な価値観の目で、数多くのリペイントが施された車両を見ていると、何もしなければよかったのに?と思う車両から始まり、丁寧にきっちり手が入れられた車両に憧れを抱いたり、関心してしまう車両までピンキリです。実際にベースの状態や、何処まで求めるかによっても大きく異なるのでしょうけれど、それらを左右するのが良くも悪くも予算ではないかと思います。

出来るだけ安く綺麗にしたい方がほとんどかと思いますが、そういった条件を第一にリペインとされた車両の場合は仕上りや仕上がった後の経過具合が、きっちり手を入れた車両に比べ大きく異なります。しかし、幾らでも払える訳でないのも分かります。
結果、仕上がった後で何かしらがっかりしてしまい面白くないと思ってしまう事もオーナーさんにはあるかと思いますが、それが限られた中で出来た結果であって駄目な判断ではありません。
面白くないと思う方も面白くない訳です。

実際に幾らかかるのか?見積もると仕上がった車両が買えてしまう!と思って別の車両を購入される事も選択肢の1つですし、そもそもファクトリーペイントに手を入れる事が良くないと思ってオリジナルペイントの車両を探すのも選択肢の1つです。コレがベストと裏付けるのはその人の価値観であって「これです!」は無い訳です。「コレがベストです!」があるならみんなそれになる訳です。なんか日本的?!でもそんなのないですよね♪

それでは予算に制限がなければどういった車両が出来るのか?
自分の知る限りでは、そもそもその辺が明確でないと思いました。
ならば、明確な提案をすべきと考えた訳です!
今までの板金塗装の価値観を変えるうちなりの答えの1つを作ろうと思って!
当然、見てみない事にはなんですが、作業する側もそこを踏まえて取り組む努力が必要だと!
うちもそれが出来るように努力すべきだと!


あ〜おもしろい!


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
WEBER 34ICT
IMG_4985.jpg
俗に言うBABY WEBER(WEBER 34ICT)が装着されたTYPE4エンジンを搭載したTYPE2が不調で入庫。若干ややこしいかしら♪
過去に一度WEBER34ICTを1600ccのエンジン(クーラー付)に装着した。
それ以外でもWEBER34ICTが装着された車両を何台とみた。
今回、預かりで調整を繰り返してると手を入れてみたい事が生まれた。
それはガソリンラインの拡大。そうは言っても確証がないので保留。
お客さんに最低限必要な費用を負担して頂き試みたとしても、結果が良くない方向になってしまったら、うちで負担する費用が実に大きい(元に戻すのに)ため気が引けてしまって、、、
自分のでしたら気にする事無く手を入れるのですが、、、
そこで、そこまでせずに自分が考えてる方向性に近づけられる事がないか考え、加速ポンプのボディーを了承を得て触ってみる事にしました。比較的に安価に(¥6,300-)対応出来そうでしたので!内容は加速ポンプのボディーを取り外し、砥石でスリスリして装着を繰り返し良い所を探すような内容です。
実際にここの面の仕上がりも良くなかったので最低限スリスリしてあげるのもありだと思います。そんなこんなで結果ですが、燃費は??ですが走りは格段に良くなったと思います!

個人的に受ける印象です。
1600cc以上は俗に言うKADRON(SOLEX40EIS)の方がよろしいように思いますので、個人的には好んで使用しています。1300ccとか1500ccだったらWEBER34ICTを装着してみたいです!今回お預かり中のTYPE2も実際にSOLEX40EISに変更した訳ではないですがSOLEX40EISならあれこれしないでも良い所出ちゃいそうな印象です。

きっと。

固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する