ARCHIVES
TAGS
最も◯◯◯ ×2
M0022195.jpg
日本の観測史上で最も高い気温を記録する地でType3をお乗りのレディース
オーナーは、うちにご来店頂いた中でも最も遠くからになります。

オーナー夫婦さんは東京と岐阜でお仕事を展開されていますので、仕事で行き来される際に旦那さんが運転担当で遠路遥々お越し頂いてます。
今回は定期メンテナンス+ETCで入庫となりました。

現在進行形でType3を作業中ですが、どうやらB型のインフルエンザに感染されたそうで今回は陸送にての納車となりそうです。
M0022097.jpg
リアの車高調整は無事に終わりました。
一応、ブラストして2液の缶スプレーで塗ってみました。
備わってなかったバンプストップラバーも装着しました。
タイミング良く片ちゃんが来たので見てもらい感想を頂いてます。
片 「いんじゃん」。
以上です。お大事に!

Check! 聖和セラミックス株式会社
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
VINTAGE SPEED EXHAUST SYSTEMS
先日、東京からジーニアス!?なお方がご来店されました。
すごく忙しい所、わざわざお時間を作って頂き有り難う御座いました。

ここのところ、お会いするたびにいろいろお話ししているのですが、
色々とためになる事を教えてもらっています。
それに関してはとても嬉しく思っています。
さらに今回は展示用としてうちとMT FACTORYさんに置いていってくれました。うちはスタンダードテールパイプ T-2 60~67 ストックキャブ車用でMT FACTORYさんはT-1&ギア 56~ ストックキャブ車用が置いてあります。早速、何人かの方には実際に見て触れてもらってます。
今時期は気候もいいので今週末にマフラー触ってカタログをもらってお茶をする段取りを組み入れてみてはいかがでしょう?

Special thanks My Bows

M0022233.jpg M0022241.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
Spring smell
ちょうど1ヶ月程怠ってしまいました。
3月11日には東北関東大震災が起きました。
震災によって影響を受けていられる方も未だ沢山いらっしいます。
完全な復興には自分が考えても相当の時間が必要なのが理解出来ます。
自分自身、色々考えさせられていますが、災害復興支援と衰えない事を心がけて頑張ろうと思います。

今日はとても春の香りが感じられて気持ちがいいので、
軽く周辺探索に出掛けました。

M0022181.jpg M0022182.jpg

M0022167.jpg M0022189.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
フロントハブキャップ
M0021872.jpg M0021874.jpg
フロントのハブキャップを外したところです。
水が侵入してる場合にみられる状態です。
無重力では油と水も混ざるようですが、地上ではそうはいきません。
でも、錆はグリースと混ざるのか酸化した箇所のグリースは錆び色をしている事が多いです。そのようなグリースがベアリングに回っている場合、ベアリングのレース部分が気になります。そういった場合のベアリングのレースには黒錆が発生してる事が少なくありません。その際、大抵は段が出来てしまっています。

シャリシャリしたような錆がはがれ落ちベアリングにまわってしまうと、ベアリング交換の必要性に迫られる事にも繋がります。だからうちでは必ずシリコンでコーキングを行っています。
昔は綺麗に出来なくて苦戦しましたが、手に唾液を付けてやってみると綺麗に出来ます!(お風呂屋さんから教えてもらいました)
綺麗にしっかりコーキングすれば目立ちませんしこのような状態に至る事もないと思うのですが、この手の状態も少なくはありません。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
着地
IMG_1168.jpg
PRA参戦も出来るよう手を入れていた一台を製作途中の状態のままに、
先日、着地する事になりました。
現車はリアのトーションバーを30mmに交換したのですが、自分の狙いは的
外れで狙ったキャンバーを(やはり!?)一回で出せませんでした。
リアの車高具合を確認する為にもエンジンをのせる必要がありましたので、
とりあえずなエンジンですがのせて確認しました。

3月27日にはGOTCHA Morning Cruiseが開催されるので、完成とは言えな
い状態ですが、ひとまず自走可能ですので、久しぶりにイベント参加ですね!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する